ホーム > 相続の基礎知識QA

相続の基礎知識QA : 相続手続き

金融機関からの借入を調査するには、信用情報機関に情報開示請求するのが最も手っ取り早い方法です。

ここでは亡くなった被相続人の信用情報を調査して、金融機関への借り入れの内容を把握する方法を詳細にご説明します。

成年後見の審判の確定証明書は、どうやって申請したらいいですか?

成年後見人になったら、できるだけ早く職務を開始したいですよね。「確定証明書」を取得すれば、「審判書謄本」とあわせて成年後見人の身分証明書として、各種手続きに利用できます。

後見審判が確定して正式に成年後見人になったら、家庭裁判所に提出する初回報告のための財産調査や被後見人の預金口座の届出など、やることがいっぱいで頭がくらくらしますよね。 後見人として行う各種手続きで、どうやって自分が後見人 […]

兄弟の戸籍を取り寄せるには、どのように請求したらいいですか?

相続手続きで必要になる「兄弟の戸籍」を郵送で取得する方法を説明します。

相続手続きではかならず必要になる戸籍。集めるのは大変ですよね? なかでも厄介なのが、「兄弟姉妹の戸籍謄本」。 実は、兄弟姉妹の戸籍を取得するのって、赤の他人が誰かの戸籍を取得するのと同じ取り扱いなんです。 「第三者請求」 […]

遺言書を作成するため公証人に出張してもらいたいのですが、どうしたらいいですか?

公証人に出張してもらって遺言書を作成する方法や手続きの流れ、費用や注意点について、詳しくご説明します。

公正証書遺言を作りたいけど、遺言者本人が公証役場に行けない。こんな時は、公証人に自宅や入院先へ出張してもらって遺言書を作成しましょう。 公証人に出張してもらって遺言書を作成する方法や手続きの流れ、費用や注意点について、詳しくご説明します。

海外在住の相続人が遺産分割協議書につけるサイン証明書の注意点を教えてください。

「サイン証明書(署名証明書)」には2種類の形式があり、遺産分割協議書などの相続手続きで使用する場合は注意が必要です。

遺産分割協議書には、相続人が実印で押印して印鑑証明書も添付します。 実印を押して印鑑証明書もつけることで、「遺産分割協議書に押印したのは本人に間違いありません」ということを証明するわけですね。 ところが、相続人の中に海外 […]

法定相続情報証明制度の利用方法|一覧図・委任状・申出書・添付書類の取り扱いについて

遺産相続の手続きで、戸籍の代わりになる「法定相続情報証明制度」。現時点(平成30年4月12日)で判明している情報をまとめました。

司法書士をはじめ、士業の間で何かと話題の「法定相続情報証明制度」。 運用開始から時間も経って、さまざまな情報が明らかになってきました。 また、平成30年3月29日付法務省民二第166号の通達により、相続登記で使用する場合 […]

内縁の夫の死後、認知されていない未成年の子に遺産を相続させたい。

認知されていない内縁の子供に遺産を相続させるための方法や手続きの流れをご説明します。

亡くなった父親と血がつながった子供がいれば、残された母親にとっては、子供に遺産を相続させてやりたいと思うのは当然ですよね。

子供の相続権が認められるには、まず子供と亡くなった父親との間に親子関係があることを明らかにしなければなりません。

ここでは認知されていない未成年の子供に父親の遺産を相続させる方法を分かりやすく解説します。

相続財産は、どうやって調査したらいいの?

財産の種類ごとに、調査方法をくわしくご説明します。

相続財産を正確に調査することは、相続手続きで最も重要です。ここでは、財産の種類ごとに調査方法を詳細にご説明します。

相続が発生すると、先祖のお墓はどうなるの?

法律上お墓は相続財産とはされませんが、今後誰が維持管理していくかを検討しなければなりません。

お墓は相続税もかかりませんし、法律上は遺産分けの話し合いの対象にしなくても問題ありませんが、お墓の現状を調査し、現実的にそのお墓を今後どうするか?について、しっかり検討する必要があります。

「法定相続情報証明制度」というものが始まると聞いたのですが、どんな制度ですか?

戸籍よりも簡易に相続関係を証明できる「法定相続情報」を法務局が発行してくれる制度です。

平成29年5月29日の制度開始からは、相続の手続きごとに戸籍の束を提出する必要がなくなります。
PageTop

トップ

こんな時どうする?

選ばれる理由

ご相談の流れ

料金表

アクセス

お客様の声

司法書士のメリット

相続の基礎知識QA