ホーム > 相続の基礎知識QA

相続の基礎知識QA

相続財産は、どうやって調査したらいいの?

財産の種類ごとに、調査方法をくわしくご説明します。

相続財産を正確に調査することは、相続手続きで最も重要です。ここでは、財産の種類ごとに調査方法を詳細にご説明します。

相続が発生したとき、入院費用や葬儀費用、購入するお墓の費用は誰が負担するの?

相続人同士での話し合いで決めるのが理想ですが、それぞれ難しい問題があります。

相続人同士が話し合って決められるのであればそれが理想ですが、そう単純ではありません。遺産(相続財産)の中から支払って良いのか?、それとも相続人のポケットマネーで建て替えて支払うべきか?など、難しい問題があります。

相続した不動産はどうやって分けたらよいですか?

不動産の分け方(分割方法)には、「代償分割」「換価分割」「現物分割」の3つの方法があります。

不動産の分け方(分割方法)には、「代償分割」「換価分割」「現物分割」の3つの方法がありますが、それぞれメリット・デメリットがあります。

相続放棄をすれば、空き家と縁が切れますか?

空き家にかかる固定資産税を支払う必要はなくなりますが、管理責任という負担からは逃れられません。

相続放棄をした場合でも、空き家を他の人が管理できるようになるまではご自身で管理し続けなければならない場合があるので、注意が必要です。

被相続人(亡くなった方)の住宅ローンが残っているのですが、どうしたらよいですか?

まずは、「団体信用生命保険(団信)」に加入しているかどうかを調べましょう。

「団体信用生命保険(団信)」に加入していた場合、被相続人(亡くなった方)の住宅ローンは保険金で完済されます。

相続が発生すると、先祖のお墓はどうなるの?

法律上お墓は相続財産とはされませんが、今後誰が維持管理していくかを検討しなければなりません。

お墓は相続税もかかりませんし、法律上は遺産分けの話し合いの対象にしなくても問題ありませんが、お墓の現状を調査し、現実的にそのお墓を今後どうするか?について、しっかり検討する必要があります。

「法定相続情報証明制度」というものが始まると聞いたのですが、どんな制度ですか?

戸籍よりも簡易に相続関係を証明できる「法定相続情報」を法務局が発行してくれる制度です。

平成29年5月29日の制度開始からは、相続の手続きごとに戸籍の束を提出する必要がなくなります。

どんな手続きが必要になるの?

遺産相続で、まず初めにやるべきことは次の3点を調査することです。

【1】遺言書があるかどうか【2】相続人は誰なのか【3】遺産の内容 この3点を調査することで、具体的に「誰に・何を・どのように」分けるかを決めることができるようになります。

どこに相談したらいいの?

最初の相談先は、司法書士がお勧めです。

結論から申し上げてしまうと、はじめにどの専門家に相談したとしても、結局不動産の相続手続きでは司法書士が関わることになるので、最初の相談相手としては、司法書士がお勧めです。

相続税はかかるの?

相続税が発生する割合は、全体の1割に満たないと言われています。 調査しなければわかりませんが、かからない方が多いです。

相続税は、相続や遺言で受け取った遺産の額が大きい場合にかかる税金です。 相続税の制度には「遺産がこの金額以下なら、相続税はかかりませんよ」という基準額(基礎控除額)が定められています。 【法定相続人の数と基礎控除額】 法 […]
初回はすべて無料です。相続手続きの無料相談受付中!
初回はすべて無料です。相続手続きの無料相談受付中!
PageTop

トップ

こんな時どうする?

選ばれる理由

ご相談の流れ

料金表

アクセス

お客様の声

司法書士のメリット

相続の基礎知識QA